顎ニキビ 原因

顎周りやフェイスラインから下に大人ニキビができるのはなぜ?

 

アゴや口元に出来ては消える大人ニキビ。
思春期におでこいっぱいに広がっていたニキビとは違って顔の下半分Uゾーンと呼ばれる部分に何度も繰り返しできるのもある意味、大人ニキビの特徴ですよね。

 

どうしてオイリーになりがちなTゾーンではなく、乾燥肌気味の下の方にいくつもできてしまうのか不思議ですよね?

 

大人になってからできるニキビは高校生時代などの若い頃に比べ、その位置がどんどんと下がってきているのはそれなりの理由が存在しています。

 

ニキビの元はそもそも皮脂や角質が毛穴に詰まることからはじまります。
それは大人ニキビでも思春期ニキビでも同じです。

 

思春期のニキビそのほとんどが皮脂の過剰分泌が原因のためTゾーンと呼ばれる額などを中心に多く形成されています。
20代以降になってもおでこのニキビが無くならないという方はオイリースキンの人ですが、ホルモンの作用で基本的には落ち着くケースがほとんどなのが思春期のニキビです。

 

 

それに対して大人ニキビは若い頃よりも皮脂が少なくてもできてしまう性質があります。そのためTゾーン以外の場所にできてしまうようになるのです。

 

大人ニキビの場合皮脂のバランスの乱れもたしかに原因なのですが、口の周りや顎はその分泌量がどうこうよりも、もともと毛穴が小さいために詰まりやすい部位であるということがその原因。

 

そして口の周りや顎付近は食べ過ぎて胃腸の調子が良くない時やストレスなどが胃の働きを弱らせてしまっているなどの体調の悪さがあらわれやすい部分でもあるのです。

 

ニキビと直接関係はなくても、食べ過ぎた翌日などに口の周りが荒れてしまったという経験などをあなたもお持ちではありませんか?

 

ストレスからできやすい大人ニキビですが、睡眠不足などによる体調不良が内蔵に影響してあらわれてしまうケースも多いのです。

 

その他にも生理前には黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増加しますのでニキビが出やすくなるのも当然な時期に当たります。

 

体内バランスの変調がダイレクトにお肌に出るのが大人ニキビといってもよいでしょう。

 

 

大人ニキビにありがちな顎や首のニキビが痛くて大きくなる理由

 

そして毛穴が狭く細長いことも手伝って、詰まった部分が炎症を起こすのが皮膚の表面付近ではなく奥の方になってしまいます。
顔の皮膚はカラダの中でもごくごく薄い厚みしかありませんが、それに比べてボディーの方は角質が元々厚いのです。

 

このため容易に芯を出すことも出来ず治りも遅いので痛みも長く続いてしまうのです。

 

 

また場合によっては毛嚢炎という吹き出物である可能性もあります。

 

毛穴の詰まりが原因でできるのはニキビと一緒ですが、こちらはその原因菌が異なります。

 

首などでは炎症が肌の奥の方で起きるため治りが遅いので厄介な皮膚病といってもいいでしょう。
しかも腫れも大きくなりがちなため痛み伴うケースがほとんどなので、ニキビよりも症状はツライと言えます。

 

じっさいに触ってみると(本当は触っちゃダメですが)肌の奥の方にしこりのような部分があるのを感じることが出来るはずです。
もし通常のニキビよりも治りが遅く治癒が長引くような吹き出物なら一度皮膚科での受診を考えた方が良さそうです。