大人ニキビ メイク 隠し方

ニキビができている時はお化粧せずに過ごせるのがもちろんベストです。

 

パウダーファンデーション

とはいえ学生時代ならまだしも、仕事に行くのにノーメイクではちょっと無理だったり、職種によってはマナー違反とさえ受け取られてしまう場合もありますよね。

 

そんな際は負担のかからない方法でお化粧し、なるべく早く家に帰ってすぐにメイクを落としてニキビケアするようにして下さい。

 

隠すつもりが目立ってしまう?コンシーラーは使い方次第

 

目立つニキビを隠すにはファンデーション前にコンシーラーを使用します。

 

コンシーラーの選び方としてはスティックタイプが一番カバー力が高いので、これをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

 

じつはこのスティックタイプのコンシーラー、シミ隠しには向いているのですが、ニキビを隠すためには油分が少なくてのりにくい場合がありますので、どちらかと言うとクリームタイプの方が良いようです。

 

色に関してはあなたがお使いのファンデーションとほぼ同じか、一段階暗めのものをチョイスするのがコツです。肌色を調節するために白っぽい色を選びがちですが、これでは下の肌色が透けてしまうのでNG。

 

いつになっても目立つままのため厚塗りしてしまう結果になりますから避けるようにして下さい。

 

隠したいニキビの本体部分よりも広めに付けてから、外側をぼかしてなじませておくことでかなり目立たなくできるはずです。

 

 

ニキビの時のファンデーションの選び方ってある?

 

ニキビのある肌は肌全体も肌荒れしている可能性が高いですからファンデーションは刺激の少ないパウダータイプがおすすめです。

 

パウダーは乾燥しそうと感じるかもしれませんが、塗る前に基礎化粧品の方でしっかり保湿を心がければ問題ありません。

 

 

洗顔後に化粧水をつけたらメイク下地の代わりに保湿効果の高い美容液やクリームを塗って、肌になじむまでしばらく時間を取ります。

 

肌表面がペタペタせずしっとり落ちついたらコンシーラーでニキビを隠してファンデをのせるようにしてみて下さい。

 

リキッドやクリームタイプのファンデを肌に伸ばす際にはニキビの上も伸ばすような形で触らなければならないので刺激を与えることになりますが、パウダーを柔らかなブラシで付けるのであればその点もダメージを押さえることが出来ます。

 

その上パウダーファンデーションはもともとUVカット効果を持っているので紫外線対策に専用の下地を塗らなくても日常の外出であれば大丈夫です。

 

UVカット入りの乳液はかなり乾燥するタイプや肌にとって負担になるものも多いので、その点からもパウダーはおススメできます。