思春期ニキビ 大人ニキビ 違い

大人ニキビって思春期のニキビとどこが違うの?

大人ニキビも思春期ニキビも大本の原因が皮脂であることに間違いはありません。
だだ通常ニキビと言われる思春期に出来るものと20代30代以降で出てきてしまう大人ニキビとでは、できるまでの理由が異なっているのです。

 

チョコレート

思春期になると人間は女性ホルモンや男性ホルモンといった性ホルモンが分泌されるようになります。
この男性ホルモンには皮脂の分泌を促す作用もあるため過剰になると毛穴を詰まらせてしまうのです。

 

男子高校生が女子に比べて顔中に重症のニキビを作ってしまう比率が高いのも急激な男性ホルモン増加が原因です。

 

 

ニキビの原因菌であるアクネ菌は元々肌にとっては欠かせない役目のある常在菌ですが皮脂が大好き。
毛穴に詰まった皮脂をエサに増殖してやがてはブドウ球菌による炎症へと症状を進行させてしまいます。

 

一方、大人ニキビの場合は毛穴に皮脂が詰まるのは過剰分泌というよりも、肌の硬化やターンオーバーの乱れから毛穴の出口がふさがってしまうことで角栓が形成されて毛穴を詰まらせています。

 

乾燥肌気味なのにもかかわらずニキビができたり毛穴の目ただない部分にいきなりあらわれたりするのはこういう仕組みが原因です。

 

もちろん原因としてふつうに皮脂の過剰分泌も考えられますが、肌の水分が失われることで起こるインナードライの状態が肌の上で皮脂を取り残されてしまっているケースも多いのです。

 

そして仕事や育児等日常生活で受けるストレスなどが引き金でホルモンバランスが乱れると、顎などの元々毛穴の小さい部分で皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴の詰まりにつながってしまうなどが起こりやすいのも要因です。

 

顎やフェイスラインの部分は男性のひげが生える部分と重なることからも、ホルモンバランスが崩れてしまって起きる症状であることは容易に想像できるでしょう。

 

 

生理の前に大人ニキビが増える理由

生理の前になると同じような場所にニキビがくり返しできてしまう、そんな悩みの方も多いと思います。
わたし自身、あごににきびがでてくると「ああ、もうすぐ生理だ」と逆に考えていたほど切っても切れない症状でした。

 

生理前の大人ニキビには、女性ホルモンの中でも卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンが大きく影響しています。

 

黄体期と呼ばれる排卵後の高温期では、エストロゲンが減少してプロゲステロンの量が増えていきます。
大人ニキビになってしまう順序としては、まずエストロゲンが少ない時期には肌が乾燥するため、硬化した角質が毛穴を詰まらせることからはじまります。

 

その後に来る黄体期ではプロゲステロンの影響で皮脂の分泌が促されるので、詰まった状態の毛穴に皮脂が増えてしまいアクネ菌が増殖することで大人ニキビになってしまうという結果に。

 

なかなか予防しにくい大人ニキビですが、乾燥を防いで柔らかい状態の角質を保つこと、お肌のターンオーバーのサイクルを正常に戻すことが重要です。