大人ニキビ 治す方法

ニキビは「つぶした方が早く治る」は本当なの?

ニキビは出来かけのうちに芯である皮脂の塊を出してしまえばオッケーって思ってる人も多いですよね?

 

それと毛穴に詰まった角栓を抜きたい!っていうのもあるのでコメドプッシャーはかなりの人気商品になっているみたいです。
面皰圧出器具という名前でもインターネットで売られているのでもしかしたらあなたも既に買われているのかもしれませんね。

 

「ニキビはつぶすと治る」は今現在出来ているニキビの程度にもよりますので一言でくくってしまうことは出来ません。

 

ほんの少しだけ肌の表面から盛り上がって先端だけがちょんと白くなっているいわゆる白ニキビであれば、そこまで影響は大きくないのかもしれません。

 

でも基本的にはニキビをつぶすのはNGです。

 

実際、吹き出物がひどくなって皮膚科に行くと面皰圧出器でつぶされるので、自分でやってもおんなじじゃないの?って考える気持ちは分からなくありません。

 

というか、わたし自身だってそう思いましたしね・・・

 

 

でも自分で適当に潰すのと病院で処置してもらうのとでは、そこには雲泥の差が存在していたのです。

 

 

炎症を早く引かせるために膿を出すことは有効

 

腫れてるニキビを「つぶす」・・・、この発想そのものがまずはダメです。

 

その理由は指で挟んだりしながら押し出すにしろアクネプッシャーを使うにしろニキビをつぶして中から膿や芯を出してしまうと、その際に肌の表面が大きく破れた状態を引き起こすから。

 

こうなるとニキビ自体の腫れは引いても、肌を大きく傷つけているので跡が残ってしまいます。

 

でもどんどん大きくなるし赤みはひどいし、痛みもある。

 

こんな風にとにかく早く落ち着かせたいほどニキビの中が化膿してしまっているような場合には膿を「出す」のは必ずしも間違いではありません。

 

その際は強引に「つぶす」のではなく、まず患部を消毒した針などで小さく穴を開けてからプッシャーを当てるようにします。

 

芯の脱出口をあらかじめ作ってておいてそこから抜き出す、そんな風に処置しましょう。

 

 

病院なら悪化したニキビは切開してから膿を出しますが、ご自分で行うにはおそらく針でつつく、とかになると思います。
このとき消毒するのにマッチの炎であぶるとかしてしまうと煤が付いてしまうので、消毒用のアルコール面で拭くようにするのも大切なポイントです。

 

もちろん顔はきちんと洗顔してきれいな状態であることは大前提ですし、手指が汚れていていれば傷口から雑菌が入る原因になるので十分に気をつけて欲しいところです。

 

 

つぶすのOKなニキビとダメなニキビの違い

 

つぶすということばに語弊はありますが、芯を出すという意味でいうならば状況しだいということになります。

 

単なる角栓やコメドの状態で毛穴から見えているようなものであればコメドプッシャーで出してしまっても大丈夫。

 

また正確に言えば「つぶす」でありませんが、どうしても炎症がひどいようなニキビであれば膿を出してしまう方が早く治まることはたしかです。

 

ただし、膿んでいるわけではなく、肌の奥の方で固いしこりのようなものがあり赤く盛り上がった丘疹という状態の場合は、まだつぶすのは無理なニキビなので、あせっていじらずにぐっと我慢してくださいね。