大人ニキビ治し方ねっと

ニキビはとにかく清潔に!が逆効果?

 

大人ニキビができていると言っても特にオイリースキンに傾いているわけでもなく、逆にお肌は乾燥しているくらいと感じる人も多いですね。

 

こんな時に過度な洗顔をして皮脂を落とし過ぎたり刺激の強い薬を付けるのは逆効果です。

 

 

ではどんなところに気を付けてスキンケアをしていけばよいのでしょうか?

 

 

大人ニキビができやすくなっている肌は、肌荒れを起こしている可能性が高いので、基本的にはお肌のコンディション全体を整え正しくターンオーバーが行われるような状態に戻ることを目指していって下さい。

 

 

メイク落しではオイルタイプではインナードライの肌質を進行させてしまうことが多いので避け、もしお使いになっているのであればミルククレンジングなどに切り替える方がよいでしょう。

 

 

洗顔もゴシゴシ洗うのではなく、洗顔料の力で汚れを吸着してくれるタイプを使用して、できるだけ肌に負担をかけないようにして下さい。

 

 

炎症しているニキビがある場合には?

 

ニキビはできるだけ触らないようにするべきですが、膿んでしまっているようなら正しい方法で芯を出してしまうことは悪くありません。

 

またニキビのある部分とまったくできていない場所でお手入れするアイテムを変えるのもお肌の状態によってはかなり有効です。

 

 

洗顔後のローションはニキビが既にあるのであれば赤みを押さえる効果も期待できるビタミンC入り(もしくはビタミンC誘導体入り)の化粧水をチョイス。

 

そして化粧水をつけただけで終わりにせずにセラミドなどの保湿成分が含まれる美容液をプラスしましょう。

 

油分でフタをしないと乾燥が進むと考える方もいらっしゃいますが、ニキビの餌になりやすいので水分を溜め込む成分を利用して潤いをキープする方向で基礎化粧品を決めて下さい。

 

 

保湿をしっかりと行うことで肌のバリア機能が回復していきますから、ターンオーバーも正常に戻って皮膚の健康状態も改善。

 

角層の老廃物が正しくはがれていくようになれば毛穴の詰まりも起こらないのでニキビの元になる角栓も作られなくなっていきます。

 

 

大人ニキビは皮膚の表面だけの問題ではないので、根本解決のためには肌のバリア機能を強化するほうが効率的ということを忘れないようにしましょう。