大人ニキビ 薬

にきび用の薬をつけても大人ニキビが治らない

 

大人ニキビはアゴや口の周り、フェイスラインなどにできやすいのが特徴ですね。

 

いきなり大きいニキビがボツーンとできてしまってしかも赤く炎症しがちです。

 

あまりに症状がひどいのでニキビ用の専用薬を買ってつけてみても多少赤味が引く程度で治らないことも多いですよね。

 

 

しかも、やっと治まったかと思うとまた同じような場所にすぐに新しいものができてしまう、そんなくり返しではないですか?

 

 

そもそも大人のニキビには専用薬や脱脂力の強いタイプの化粧品は不向きなことをご存知ですか?

 

意外に思われるかもしれませんが、にきび薬はその炎症だけは抑えてくれても、大人ニキビの原因自体を改善してくれるわけではないのです。

 

 

にきび薬は殺菌効果がメイン

 

昔、ニキビは青春のシンボルともいわれるくらい、若い年齢にだけ現れる皮膚疾患というイメージでしかかなかった時代が長くありました。

 

その頃のにきび治療の考え方では、多くなっている皮脂の量を減らしたりアクネ菌を殺菌しておけばニキビ肌を改善できるというある種単純明快な方法だけが主流。

 

 

ところが大人ニキビの場合、皮脂の分泌が多くない顔の下側を中心に出たり、脂性肌質ではない人でもよくできたりします。

 

大人ニキビに悩む人の中には10代の頃にはニキビは出なかったにもかかわらず、20代後半以降からできてしまうようになるケースもよく起きます。

 

 

単純にアクネ菌を殺菌することや皮脂の量を減らすだけでは、根本的に解決しきれないのが大人ニキビ。

 

ニキビができる仕組み部分はティーンエイジャーのそれと一緒でも、原因の方に関して絞りきれないところが大人ニキビ治療の難しさになっているのです。

 

 

考えられる原因も一つではなく、いくつかの要素がからみ合って特定できないなど、人それぞれがマチマチで複雑です。

 

いま現在あるニキビに薬を塗って対処しても効果が上がりにくいのはこんなところにあるのです。

 

皮膚の免疫バランス全体、ひいては身体のコンディション全体を整えていくことで、ニキビが表に出てこなくなるように変わってきます。

 

大人ニキビができてしまっている際のスキンケアとしては、基本的には油分は控え保湿をしっかりと行うことが重要です。