大人ニキビ 治す食べ物

大人ニキビができにくくなる食べ物はある?

 

ニキビの原因は毛穴に皮脂が詰まることにはじまりますから、脂肪分を取らないように心がければ大丈夫と考えがちです。

 

では油脂をやめてカロリーを押さえて野菜を多く食べてさえいればそれで良いのかというと、大人ニキビの場合そうは単純なことでは改善できないのです。

 

レモン入りハーブティー

大人ニキビは体調に左右されてできてしまうものがほとんどです。
ストレスから来るホルモンバランスの乱れも原因の一つですが胃腸の具合が悪かったり、便秘をしているなどの栄養バランスを崩してしまうのも大きな要因になっています。

 

とにかくまず考えなくてはいけないのが腸内環境を整えること!これに尽きるといっても過言ではありません。

 

たとえば便秘になると、とたんにニキビが増えてしまうという人は多いですよね。

 

便が腸内に長い時間留まっていると腐敗してガスや毒素、活性酸素などの有害な物質を発生させます。
そしてそれが体外に排出されずに血管を通じて全身へと行き渡ってしまうため、皮膚の細胞にもダメージが波及してしまうのです。

 

近年ではアトピーなどのアレルギーも腸内環境を整えることで改善しやすいことが研究結果として報告されているように、善玉菌を増やすようにしていけばニキビも治まるケースもあるのです。

 

手軽なものはやはりビフィズス菌入りのヨーグルト類とペクチンなどの水溶性食物繊維を多く含む果物類です。

 

 

美肌作りに欠かせないビタミンを多く摂取する

 

直接ニキビが治る食べ物があるわけではありませんが、早く治すのに有効という意味ではビタミン類は積極的に取っていくようにして下さい。

 

まずは絶対に外すことができない栄養素がビタミンCです。

 

コラーゲンの合成に欠かせない成分で、活性酸素の除去や皮脂の分泌のコントロールなどさまざまな働きをしてくれているのです。

 

 

そしてニンジンに代表される緑黄色野菜のビタミンAは免疫力を高めますからアクネ菌の増殖を押さえてくれる効果を期待できます。

 

ビタミンB群はB2が脂質の代謝、B?がタンパク質の代謝を促進させます。レバーやチーズ、卵、納豆等にB2が、マグロやイワシ豚肉などにB6が多く含まれています。

 

高い抗酸化作用で知られる脂溶性のビタミンEをたっぷり含むナッツ類もぜひとも取り入れて欲しい食品です。

 

ただし水溶性ビタミンであるビタミンC以外は、脂質も一緒に摂取してしまうので食材を考えないとオイリー肌に傾くことも考えられます。

 

動物性脂肪を全く取らないのは論外ですが、だからといって植物油での揚げ物類をたくさん食べてしまうなどの食生活では、ニキビが増えても不思議ではありません。

 

月並みですが、結局はバランスの良い食事を心がけるようにすることが大切になります。