大人ニキビとは?

大人のにきびとはどういうものなのか?

 

大人ニキビ(アダルトニキビ)は以前なら単なる吹き出物として片付けられていました。

 

もちろんいまでも吹き出物ということばも使われていますが、やはりニキビはニキビという感覚がありますよね。

 

もともとは吹き出物の中でも思春期の青年の顔に多く出る面皰を特に「にきび」と呼んでいましたが、大人になってもにきびの症状が出るケースも多くあります。

 

それが最近定着してきた「大人ニキビ」で、医学用語では思春期後ざ瘡というものになります。

 

 

大人ニキビの発症も毛嚢部を含む毛穴に角栓ができ皮脂がたまり、それをエサにアクネ菌が増殖して炎症を起こすというメカニズムは思春期ニキビとまったく同様です。

 

ただ思春期ニキビの場合は悪化させてしまうのは男性に多いですが、大人ニキビは比較的女性に多く現れる傾向があります。

 

大人ニキビ

そして大人ニキビに場合は、思春期ニキビによく見られる額などのTゾーンではなく顎にきびやフェイスラインといったUゾーンにできやすいのも特徴です。

 

ストレスにより増加した男性ホルモンが引き金となっているためですが、思春期にきびと異なり何もなかったところにいきなり赤く大きなにきびが出てしまうこともよくあります。

 

また顔だけでなく首やデコルテ部分、背中などのボディにもあらわれ、なかなか治らず厄介です。

 

首などで赤く炎症した大きいニキビになってしまうのは、頬などにできる場合と違って皮膚の表面よりも奥の方で発症しているケースです。

 

大人ニキビができてしまう大きな要因としては女性の社会進出に伴うストレスの増大や睡眠不足や食生活の乱れなどに代表される不規則な生活パターンが上げられるでしょう。

 

また日常的に行うメイクや、肌質に合っていないスキンケアなどが原因の場合もありますが、思春期に比較して乾燥肌になりがちなため皮脂バランスの崩れが起きることも排除できない部分です。

 

ホルモンバランスの乱れが引き金となりますので、生理前には必ずできてしまうという人も少なくありません。

 

 

ニキビが容姿を損ねることは男性でも女性でも差はありませんが、女子にとって20代30代といった見た目に一番気を使う年頃にできるニキビは憂鬱以外の何モノでもありません。
人によってはユウウツを通り越して、死にたいと思うほど人生を左右している要素となっているケースさえあるでしょう。

 

しかしながらそのストレスこそが新たなニキビの原因にもなってしまいますので、できる限りニキビについて気にせず過ごすように心がけるようにして下さいね。